ブログトップ
A I S P Y B L O G ⅱ
このブログに掲載されている全ての画像やテキスト情報を無断で使用することを禁じます。
<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
アートフェア東京2011
ここのところ1ヶ月以上
まともにギャラリー・美術館巡りをしていなかったので
今日一日で一気に"戻ってきた"感じです。
橋口五葉展についてはまた別の記事にて!
まずはアートフェアについてです。

アートフェア東京2011PRESSとしてお誘いいただき、
内覧会へ行って参りました! PRESSアラキです☆
会場で出会う知人作家さん達、画廊関係の方々・・・皆さん
「え?アラキなんでプレスで入ってきてるの???」と
疑問符を沢山頭上に浮かべていらっしゃいましたが。
なんてラッキーで有難い機会をいただけたのでしょう!
そんなPRESSアラキ、張り切っていっちょ前に
レビューなんてかいてみちゃいます。

しかし私はプロのアートブロガーではないので
毎度ながら独断と偏見によるピックアップにさせていただきます。

より詳しい情報、作品コメント等は言うまでもありませんが
アートブログの大本家、
弐代目・青い日記帳をご覧下さい。
かのTakさんがピックアップなさっている作品たちは
だいたい私も同じく注目したものでしたので。

また、もう一人の有名アートブロガーさんである
はろるどさんによるはろるど・わーども併せてご覧頂くと
更にアートフェアのポイントを押さえることが出来ます。
専門的なことや細かな情報も書かれていて
ジャンルを超えて広い範囲でのご紹介をされています。

ではもういきなりどんどん写真とコメントを~。。。

と思いましたが、個人的に最も好きだったブースの写真が無く;;
文字にしてお伝えさせていただきます。

入り口付近に水戸忠交易さんの”白の形”という器展が。
ルーシーリーやハンスコパー、
新里明士さん等日本人作家さんたちの器による
静かで落ち着いた雰囲気に身も心も心地よい涼しさを感じました。
ルーシーリーのボタンが列になって箱に入って展示されている作品・・・
良かったな。 欲しかったな。。。

ではでは、ここからは写真も。
※写真は全て内覧会時にプレスとして撮影させていただいたものです。

f0211881_1442922.jpg

四季彩舎さんより千波研の先輩、金丸さんの個展!
インパクト大でした。 初の立体作品展示とのこと。

f0211881_14603.jpg

Jan De Vliegherさんの作品。
間近で見ると、大きめの刷毛で荒々しい筆遣い。
でもなんだか思わず長く眺めてしまうのは
綺麗な八重桜がモチーフだから?
なんとなくゆるい風のようなものが漂っているように感じる。

f0211881_1484611.jpg

若冲?と思わせるけど猫もいらっしゃったり。
これらの絵は表面を細かく削って描かれていて
鳥や花もいい感じなのですが、シャム猫がとにかくリアル!
今にも触れそうな毛並みです。 まさに、あっぱれ!と言いたくなる。
虫眼鏡を渡してくださるので
細かいところをじっくり”観察”してみては。

f0211881_1511226.jpg

青木画廊さんから江本創さんの作品。
空想の動物の標本をこれもまた極めてリアルにつくられている。
本物!絶対本物!と思えてならない。
既に作品集(図鑑?!)も何冊も出されているそうです。

f0211881_1552145.jpg

ぞろぞろぞろ・・・
ペンギンバッグたちです。

f0211881_155527.jpg

潺画廊さんの長田堅二郎さんの葉脈作品。
繊細だけどかなりの注目を浴びていました。 お洒落だなあ。

f0211881_1592576.jpg

この目玉の作品、とても面白かったです。
中を是非覗いてみてください!
この目玉たちを皆が手に取って一生懸命覗いている様子は
外から見ているとちょっと異様な光景。。。(笑)
人間がたった一人の自分の世界に入り込む瞬間を
同一の場所で同時多発的に引き起こす、不思議で秘密めいた作品。

f0211881_231896.jpg

新生堂画廊さんから千住さんの作品です。
崖の作品シリーズ。 初めて拝見しました。
こちらもインパクト大でした。
揉み紙の技法を使ったのでしょうか、
崖岩が本当に岩に見えてしまいます。

”節電モード”のフェア内。
盛り上がる熱気で結構暑かった。。。 でもふと上を向くと、
陰ながら頑張ってくれている方が・・・

f0211881_252376.jpg


MONTBLANCの若手作家のブースでは
モンブランのマークが全ての作品に入っていて
それを見つけるのも楽しかったですよ! 是非探してみてください。

そして、最後。
当日大きなインパクトを受け、一晩たって改めてフェアを振り返ると
実はこの作品が私にとっては色々な意味で
”一番押し”なのではないかと思う・・・
f0211881_29351.jpg

西村画廊さんの舟越さんによる大きな作品。

バッタ・・・・・・・・・・・・・・・・・咥えてます。

「バッタ、、、おいしいですか?」

・・・

「うん、まあね~、悪くないかなぁ ボリボリ」

と返事が返ってきそう。

舟越さん、どうしてバッタを食べさせたのでしょうか。
どうして、、、 どうして、、、 どうして、、、
どうしてバッタを。。。

。。。

謎だらけです。

でも強烈なインパクト、
そしてバッタを食べているにも関わらず澄んだ空気感。
舟越マジックでしょうか。

舟越さんの作品の中で好きな作品の上位に入りそうな予感・・・

***

以上アートフェア東京についてのPRESSアラキによる
独断と偏見によるレビューでした~!

7月31日の日曜日まで開催中!
[PR]
by aispy-art | 2011-07-30 02:15 | 展示 | Trackback(1) | Comments(4)
7月も終わりが近づいて
f0211881_0523135.jpg

上の画像は9月28日から松坂屋上野店を筆頭に開催される
波濤の会に出品する予定作品の一部です。 新作になります。
実験的試みがうまくいったのでちょっとお気に入りといいますか、
私的にオイシイ部分だと思っています。

ここ一ヶ月以上毎日学校に通い詰めて朝から晩まで制作していました。
先日、ようやく”夏休み”に突入しましたが
その直前にこの波濤の会の作品と
佐藤美術館の奨学生展用の作品の締め切りが
同時にやってきたこともあり、最後の山場を越えた瞬間、
一気に疲労がたたり、具合が悪くなりました。
周りの人達に迷惑をおかけして、すみませんでした。
暑さも手伝って今も毎日なんとなくへろへろとした状態で過ごしています。

”夏休み”がスタートしたものの、
相変わらず某所の掃除やアルバイトなどがあり、理想とする
小学生の男の子のようにクーラーの利いた部屋でごろごろと過ごす、は
今年もなかなか出来なさそうです。。。

とはいえしばらく学校に通わなくて良い、というのがとても嬉しい!
ストレスフリー! 心も体もリフレッシュさせたいです。
[PR]
by aispy-art | 2011-07-30 01:07 | 制作 | Trackback | Comments(0)
愛スクリーム
f0211881_044768.jpg

毎日暑いですね。
冷えた烏龍茶やアイスティーが私のお気に入りですが
アイスクリームも食べたくなります。
上の画像のアイスクリームの山が可愛くておいしそうでたまりません!

WHAT YOUR FAVORITE ICE CREAM SAYS ABOUT YOU

アイスクリーム占いとでもいいましょうか。
Gくんが紹介してくれた可愛いサイトです。
If you like some ice creams, why don't you check this out!
Find and choose your own favorite flavor and you'll see yourself :)
Me, I can't choose in just one! I like EVERY taste lol
[PR]
by aispy-art | 2011-07-30 00:12 | Trackback | Comments(2)
グループ6femmesのブログ
2010年8月。
その年の春に多摩美術大学日本画学科を卒業したての私達を
銀座スルガ台画廊さんにより選出していただき、
グループ展が開催されました。

その第二回目の展示が来年の秋に開催されます!!!

今度は6人中2人ほどメンバー編成が変更となりましたが
更にグループとしての質も上げて、自分達のハードルも上げて、
前回より成長した姿をご覧頂きたく、
全員で連係を取りながら活動しています。
メンバー全員で取り組む企画なども計画中です。

そんな私たちの活動をブログ 6femmes にて記していくことになりました。
だいたい週に一回、各メンバーがローテーションで更新されます。
今はまだ自己紹介の段階ですが、今後
制作についてや活動についてお知らせしていきますので是非ご覧下さい。

6femmes2 メンバー
荒木愛、岩本夕佳、大嶋仁美、小川遥、曽我里美、吉澤舞子

[PR]
by aispy-art | 2011-07-29 23:38 | 展示 | Trackback | Comments(0)
ShinPA!!!!!東京展終了
先日の24日にてShinPA!!!!!東京展が無事終了いたしました。
多くの来場者に恵まれ、来場者数が昨年の2割増しとの事!
この場でご来場下さいました全ての方々にお礼申し上げます。
有難うございました。

出品作家全員による小作品チャリティー展も無事完売となりました!
売上金は全額東日本大震災被災地への義援金になります。
お買い上げいただき有難うございました。

私の小作品は、鉛筆画を出品いたしました。
滅多に鉛筆画を展示出品する機会も無いと思われるので
お買い上げ下さいました方は
レアな作品を手にしていただきましたよ!(笑)

f0211881_2081593.jpg


更なる作品の向上を目指し邁進して参りますので
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

次の展示は9月28日からなんと2つの展示に参加いたします!
同時開催です!

1つ目は佐藤美術館さんにて第20期奨学生美術展に大作出品。
2つ目は研究室の巡回展示
”波濤の会”が松坂屋上野店からスタートいたします。

是非二つの展示をはしごしてみて下さい(笑)

[PR]
by aispy-art | 2011-07-29 20:14 | 展示 | Trackback | Comments(0)
Ricky
Ricky

公開当時から気になっていましたが遂に見ることが出来ました。
うーん・・・不可解。 さすがフランス映画です。
でもRicky役の赤ちゃんがとにかく可愛い!
[PR]
by aispy-art | 2011-07-29 19:33 | movie/tv/music | Trackback | Comments(0)
レトロな裁縫セット
祖母の家から出てきたという非常に懐かしい雰囲気の裁縫セット。
紙の台紙に色々並べて丁寧に張り付けてあります。
説明書きの”向こう”が”向ふ”という表記になっていたりするので
かなり昔のものなのでは・・・とどきどきさせられます。
f0211881_1917266.jpg

f0211881_19184791.jpg

f0211881_19174061.jpg
f0211881_19185165.jpg
f0211881_19195065.jpg
f0211881_192042.jpg
f0211881_19201213.jpg
f0211881_19201850.jpg
f0211881_19202771.jpg

[PR]
by aispy-art | 2011-07-29 19:26 | Trackback | Comments(0)
ShinPA!!!!!トークイベント内容
だいぶ暑い日々が続いておりますが
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
夏バテになってしまう方も多いので十分にお気をつけてお過ごしください。

わけあって先月からブログの更新も
また途絶えるようになってきてしまいましたが、
そんな私は毎日学校で制作に励んでいます。
基本的に朝早くから夜まで制作していることが多いです。
帰宅してもバタッと倒れこみ、また次の日なんとか早く起きて学校へ、
というサイクルを繰り返しています。
最近は暑さも加わり、具合が優れない事が多くなってきましたが
所謂夏休みまであとちょっとなので
最後まで頑張っていきたいと思います。

今日はShinPA!!!!!東京展のトークイベント
『芸大デザイン科描画研究室による本音トークディスカッション!』でした。
出品者全員がそれぞれ何らかの共通性を持ったグループに分けられ、
お題についてトークを繰り広げるといった形でした。

私は人気作家の泉東臣さんと、
一つ上の学年で去年まで隣り合って制作していた
横尾奈美さんと一緒のグループに配され、
このグループの共通項は(私たちのみではありませんが)、
”東京芸大のデザイン科以外からここの研究室に入学した者”
というものでした。

質問は、
何故外部からデザイン科の描画研究室を選んだのか?
自分のいた科とデザイン科の違いはあるか?
といったような内容。

泉さんがお話してくださった事がだいたい私も同じ思いだったので
引き継いで答えられ、比較的楽だったのですが
改めて私の答えをまとめるとこういう感じです。

(私達日本画科の世界だけではないと思われますが、)
大学によってカラーがあり、日本画の世界ではそれがかなり色濃く、
大学在学中の4年間でそのカラーを見破り、
嫌というほど露骨にそれを目の当たりにし続ける破目になるのですが、
私は(泉さんたちもそうだとおっしゃっていましたが)、
そういったカラーや型というものに対して常に疑問を抱いており、
不満さえありました。
そのカラーに染まっていくことはある意味で楽なことであり、
またアンゼンなことでもあります。
でも私にはその疑問と不満がとにかく大きすぎました。

自分はこのままここにいていいのか?
染まっていくべきなのか?
新しい領域を見出すことは出来ないのか?

そんな時、千波先生とお会いし、目からウロコの状態になりました。
実は学部の頃から、何処からとも無く
”芸大の中島千波先生の研究室が向いてそう”
というご意見をいただくこともちらほらあり、
以前から興味があったのですが、
周りからそういったご意見をいただいただけあって
先生にお会いした時に”ここだ”と決定的に思えたのが
大きなきっかけでした。
ここはみんながみんな様々な絵を描いており、素材も自由でした。
千波先生の作品はもちろん当たり前に素晴らしいのですが、
お人柄も本当に素晴らしいお方で、
今でもあの初めてお会いした日のことを忘れられません。


あと自分の科とデザイン科の違いはあるか?という問いには、
やはりこれも泉さんたちと同じ答えですが、、、

デザイン科の人達はとにかく優しい!という印象があります。
私は、優しいだけでなく賢い、という印象も抱いています。
やはり色々社会的な仕事を抱える人達の場所なので
私のように絵しか描けなかったわけでなく、
実に様々なことが出来てしまう、
しかもクオリティも高く出来てしまう人達、です。
そうした人達の中でこんな私がいるのも恐縮ではありますが、
とても刺激的で、みんなと話をするととても楽しいし刺激的です。
よくお茶をしたりご飯を食べたり一緒にすることが多いのですが
その度に元気をもらえる気がします。


いつもお世話になっているTakさんが展示のレビューを書いてくださり、
私の作品写真と批評、トークショーの様子などが載っています。
是非ご覧下さい。

弐代目・青い日記帳>>「ShinPA!!!!! 東京展」
[PR]
by aispy-art | 2011-07-17 02:47 | 展示 | Trackback | Comments(0)
ShinPA!!!!!東京展
f0211881_2057678.jpg

2011.7.15~7.24
佐藤美術館(東京・新宿)にて ShinPA!!!!!東京展
7.16 15:00-17:00トークイベント(観覧無料)
”芸大デザイン科描画研究室による本音トークディスカッション”参加予定

[PR]
by aispy-art | 2011-07-03 20:57 | 展示 | Trackback | Comments(0)