ブログトップ
A I S P Y B L O G ⅱ
このブログに掲載されている全ての画像やテキスト情報を無断で使用することを禁じます。
花*Flower*華-琳派から現代へ-
f0211881_14185896.jpg

山種美術館で開催中の花*Flower*華-琳派から現代へ-の
内覧会に行ってきました。
膨大な所蔵作品から春夏秋冬の花を描かれた
選りすぐりの60点が展示され、
見事華やかで花の香りが今にも漂ってくるかのような
うっとりした空間になっていました。

日本画に限らず梅原龍三郎をはじめ
油絵作品もいくつかあったのも面白かったです。
日本画展!と思い込んで来たからふいにビックリする(笑)
私は個人的に
速水御舟<桔梗>と小茂田青樹<四季草花画巻>の写生が
特に今回の展示でのお気に入り。
単眼鏡がかなり役立ちました。

鈴木其一の<四季花鳥図>のように
ベッタリした表現も嫌いじゃないけど、
なんとなくやっぱり呼吸ができる作品が今の気分。
奥村土牛作品はそんな役割を担って
会場全体にちょうど良い位置に配置されている。

f0211881_14195138.jpg

f0211881_1420023.jpg

f0211881_1420967.jpg

奥村土牛<ガーベラ><木蓮><桔梗>全て山種美術館所蔵
美術館の許可を得て撮影

そして山種美術館さんといえば展示作品と関連した
(青山の老舗菓匠"菊家"さんの)オリジナル和菓子が
cafe椿さんでいただけるのも嬉しい。
f0211881_14221660.jpg

今回の和菓子はこちら5種!
お気に入りの作品から選ぶか
或いは和菓子を食べてから作品を鑑賞するか!?

私は<花の香り>を、一緒に居た知人の方は<華の王>を、
二人共<薫風>と一緒に。
f0211881_1423384.jpg

優しい口当たりと甘すぎない美味しさ!
お土産に買って帰った<夏の日>は外の黄色だけかと思ったら
中は別の色!で、杏が所々散っていて
別の食感と味で楽しい和菓子でした。
f0211881_14231922.jpg

f0211881_14232955.jpg


本当は<朝つゆ>が目当てだったけど既に品切れだった…
そりゃこんな宝石みたいに綺麗な
きらきらした青い和菓子があったら
みんな食べないわけにはいかないよ…
元ネタの山口蓬春<梅雨晴>は紫陽花の絵なのですが
画面の隅々まで湿気が感じられ、
来たる梅雨を思わせ微妙な気分にw
技術が素晴らしいです。

展示は6月18日まで開催しているので
是非ご覧になってみてください!
[PR]
by aispy-art | 2017-05-05 14:27 | 展示 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aispyart.exblog.jp/tb/27781542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 文鳥を可愛く日本画で描こう!日... おもちゃ箱展Vol.2 >>